たくさんの添付書類もオンラインで審査、膨大な商品の監査も迅速に対応。メール配信で作業効率大幅アップ!! 審査や監査の作業終了と同時にライブラリー化を実現! 確実な監査と販売開始までのスピードアップにつながります。

システム概要

商品審査状況管理システムとは、テレビ通販会社において、日々発生する取引先審査や商品監査などの業務をワークフロー管理出来るシステムです。 監査物件の「申請」「承認」や物件単位の進捗状況をこのシステムで一括管理できます。

また、監査内容はデータベース化されるので、キーワード検索で過去の事例を参考に業務を効率的に進める事が可能です。 デジタルデータで納品される通販に必要な書類に対応しています。 新規登録や監査の進捗状況をメールで通知する機能など、スピーディーな対応をサポートします。

運用フロー例(差戻しなし、決裁の場合)
申請する

取引先開設審査・商品監査の種別を選択し、必要な情報を入力します。取引先名など度々入力する項目はリストから選択できます。

審査・監査に必要な映像・画像・PDF・オフィスドキュメント等の関連資料も一緒に登録できます。

監査する

申請された案件が「未監査」「監査中」「監査済」等の状況別に一覧表示され進捗状況の確認ができます。

また、取引先開設審査、商品監査については、それぞれワークフローのどの段階にあるか「○○部長監査中」「担当役員監査中」「申請終了」等の状況別に一覧表示され進捗状況の確認ができます。

一覧表示は申請番号、申請者、取引先名、商品名、監査内容などの各入力項目に対しての検索に対応。 各監査担当は自分が監査中となっているリストの中から案件を選び、評価やコンプライアンスをプルダウン選択し、あれば注意事項を記入して承認、宛先を選択しての差戻し、または却下を選択します。

承認/差戻し/却下

承認された場合、次の監査担当者に処理が進み、その担当者の監査中となります。最終監査担当者が承認した場合、その案件は決裁となり申請が終了します。

差戻しされた場合、選択された監査担当者に処理が戻り、その担当者の監査中となります。

却下された場合、その案件は却下となり申請が終了します。

管理する
過去に監査した結果は全てデータベース管理されます。キーワード検索により前例を参考にしたスムーズな監査業務とナレッジ化が可能です。
その他の機能
  • 通知メール自動送信
動作環境(サーバー/クライアント)
サーバーOS Windows Server 2008 R2
データベース SQL Server 2012 Express edition
クライアント
(Webブラウザ)
Internet Explorer 10以上